本紹介【14】『人生攻略ロードマップ』

こんにちは、ゆーた(@ycstff23)です。

今回は、『人生攻略ロードマップ』を紹介します。
著者は、迫佑樹さんです。

人生を攻略するためのロードマップが書かれており、
道しるべができるので迷わず行動できるようになります。

私もこれを読んですぐにプログラミングを始めました。

読むだけで天才になれる本です!

要約

金銭、身体、時間、精神の4つの自由を手に入れて、
人生を攻略するための10つのロードマップが紹介されています。

迫さんはこのロードマップで、
6年間で年商10億円にまで成長しています。

ロードマップについて一つずつ細かく説明してあるので、
分かりやすくなっています。

自己投資をしてスキルを身に着けて、
そこから経験を増やしいき、
外注化、自動化して資産運用。

この本を読んでまずは何をやればいいのか明確になってきます。

学べたこと

価値観をアップデートする

一般的な価値観のままでは「人生攻略ロードマップ」はあまり意味をなさない。

大切な価値観は、

  • 金銭的に豊かになる = 投資➡回収を高速で回す
  • 自己投資がコスパ最強
  • セーフティーネット持ちながら攻める
  • 勝ち方を知ったうえで繰り返す
  • まずはやれることから

投資➡回収

投資して、それをもとに回収する。

この投資➡回収を高速で繰り返していくことにより、
どんどん成長して稼げるお金が増えていく。

このサイクルを無限ループしていく。

投資➡回収がお金持ちになる唯一の道なので、
預金残高が多いことはもったいない。

最強のコスパは自己投資

自己投資は最強。

コスパの良い順番は、

自己投資 > 事業投資 > 不動産投資、株式投資

自己投資は時間をお金で買うこと

自己投資をして多くの時間を買えば、
他の人より早く結果が出るのは当たり前。

例えば、
プログラミング学習でもスクールに入れば、
メンター聞けばエラーの対処がすぐに解決する。

損に気づかないのが一番怖い

知識がないせいで、
「もっといい方法」を知ることなく、
いつまでも損をし続けることがある。

ちょっと勉強すれば勝てる

毎月たった1冊の本を読めば、
勉強量は日本人の上位52.7%に入る。

日本人の半分は勉強をしていないので、
ちょっと勉強すれば人生はイージーモードになれる。

勉強して、知識を蓄え、行動する。

「希少性」「優位性」を手に入れる

「お金を稼ぐ」 = 「価値提供」

「希少性」「優位性」があるから価値が上がり、稼げる。

この二つを手に入れるには勉強。

勉強続ければ、自動的に上位20%になれる。

まず「やりたいこと」より「やれること」

本当に「やりたいこと」を見つけるには、
「やれること」を増やしていくしかない。

人間は自分の実現可能な範囲でしか「やりたいこと」を探すことができない。

例えば、
もし1億円手に入れたら「やりたいこと」がどんどん出てくる。

「やれること」は、スキルや収入があれば増えていく。

「やりたいこと」が何もないと焦る必要はない。

食わず嫌いはもったいない

スキルを身に着けるにも、
まずは無料サイトで少し触れてみる。

それで合わなければ違うスキルに挑戦すればいいだけ。

何もわからないから行動しないのが一番ダメ。

誠実なビジネスをする

自分が豊かになる最短ルートは、
誠実なビジネスをすること。

誠実なビジネスは、
お金をうまく使って、お互いが価値のあるのものを提供し続けること。

誠実なビジネスは世の中を潤す。

信頼を稼ぐ

最初はお金より信頼を稼いでおく。

信頼があればお金は後からついてくる。

ビジネスの原則

  • 周りと同じ価格で、高い質を提供する
  • 周りと同じ質で、安く提供する

「経験」を収益化する

自分にとって何気ないことでも、
受け取る人によって「価値のある経験」になる。

常に誰かの悩みや潜在的な需要を見つけて、価値提供し、収益化する力は必ず役に立つ。

まずは圧倒的ギブ

有益な情報は無料で発信するべき。

自分の周りに有益な情報を提供すれば、
周りに回って結局自分のところに帰ってくる。

お金はあとからついてくる。

小さな外注をしてみる

自由度の高い人生にするには、「外注化」「自動化」が欠かせない。

まずは誰がやってもたいして変わらない仕事を外注してみる。

この「人に任せる」という思考があると、
一気に経営者としての視野が広がり、自由も増えてくる。

経営者は働きすぎてはダメ。

「やりたくないことリスト」を作る

「やりたくないことリスト」を作ることにより、
結果的に今やることが分かり、モチベーションがUPする。

やることが明確になると、
人間は行動できるようになる。

価値のある情報を持つ

自分が価値のある情報を持っていないと、
価値のある情報は手に入らない。

「情報の交換」がビジネスのありとあらゆるところで行われている。

まとめ

この本を簡単にまとめると、

  • 自己投資が最強
  • 投資➡回収のループを繰り返す
  • まずは圧倒的ギブ
  • 「やりたいこと」より「やれること」
  • 豊かになるには小さな外注化から

コメント

タイトルとURLをコピーしました