本紹介【4】『無一文からのドリーム』 ラファエル

こんにちは、ゆーた(@ycstff23)です。

今回は、『無一文からのドリーム』を紹介します。
著者は、有名Youtuberのラファエルさんです。

要約

ラファエルさんがどんな幼少期を過ごし、どのような青春時代で、
社会人になってからここまでの地位に至るまでをさらけ出しています。

またラファエル流のビジネステクニックや仕事術を教えてくれています。

学べたこと

好きなことをやる

自分の好きなことをとことんやる。

好きじゃなければ、
自分の才能を開花させることはできない。

諦めたら終わり

諦めて努力しなくなった時点で終わり。

努力しないと成長できないのでこれから成功することはできない。

ラファエルさんの営業時代は、
仕事後に鏡の前で自分の営業時の仕草を何時間も研究していたそうです。

結局好きなこと努力できることでより成長スピードが大きくなる。

ポジティブに考える

どんなアクシデントが起きても、
次に行動するのかを最優先で考える。

起きたアクシデントを次のアクションのきっかけにする。

なんでもポジティブに捉える。

過去より未来を考える。

自己管理をする

自己管理をしてリスクをちゃんと管理する。

心に決めたことを最後までやり抜く。
簡単そうに見えて難しいこと。

一人で仕事をしていく上で、
あらゆる面で管理できる能力がないと、
成功し続けるのは難しい。

自分に甘えを作ると成功は厳しくなる。

自分自身をよく知る

自分自身をどれだけ理解しているのかで成功確率は変わってくる。

大切なのは自分には何が合って、何ができるのかを知ること。

自分ができる「何か」を知り、
努力でさらに成長することで成長は近づいてくる。

まずは今の自分ができることを書き出して自己分析する。

素直に認める

自分が成長するためには、
相手の意見を素直に認めて受け入れていく器の大きさが重要。

相手の意見を受け入れることで、
人間関係も良くなり、うまくいく環境が作れる。

目標を持つ

目標がなければ成功どころがチャンスすら触れることもできない。

常に目標を持っていれば高いモチベーションを維持できる。

一番ダメなのは、やりたいことすら分からない人。

最終的にどうなりたいのかを持っていると、
いつか必ずチャンスを掴むことができる。

また、より具体的な目標を持っていると成功する確率が大幅に上がる。

目標を持つことが何よりも大切なこと。

健康第一

毎日休みなく仕事するには健康が第一。

名だたる経営者は朝からステーキを食べているらしい。

筋トレすることも健康のため。

失敗は見ない

仕事に失敗は当たり前。

失敗したらすぐに飽きらめて、次に進む。

へこんだりするのも時間のムダ。

失敗を見ないようにして、
その代わりにどんどんと前進していく。

やる気が重要

全ての職業で一番大事なことはやる気。

やる気さえあれば、
目標、何をやるべきか、進み方も全て逆算できる。

あとは自分が一歩進めるかだけ。

迷ったらやる

成りあがるたった一つの方法は、迷ったらやる。

シンプルに突き進んでいけば、必ず成功する。

数字を追うことが大切。

天才が6時間寝ているのなら、
自分は3時間しか寝ずにその差を埋める。

まとめ

この本を簡単にまとめると、

  • 自分自身をよく知る
  • 努力するのは当たり前
  • 目標を持つ
  • やる気が重要
  • 迷ったらやる

漫画版もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました