すぐに使える心理学 これで人生勝ち組間違いなし! 集団編

心理学
スポンサーリンク

こんにちは、ゆーた(@ycstff23)です!

すぐに使える心理学を紹介していきます。

今回は、集団編です。

以下、参考書籍になります。

限りなく黒に近いグレーな心理術

こんなあなたにおすすめ!
  • 心理学に興味がある人
  • すぐに心理学を試したい人
  • Daigoさんが好きな人

サクッと読んで頭に入れて実践すると、
人生勝ち組になれる可能性が広がります!

ぜひ最後までご覧下さい。

◆他も気になるあなたへ◆
スポンサーリンク

目線

人は目が合った回数が、多ければ多いほど好感を持ちます

重要なのは目が合った時間よりも回数

「目はくちほどにものを言う」と言いますが、
目は感覚器官の中で唯一脳と直結しています。
そのため、目に入ってくる情報には強い影響力があり、
逆に何を考えているのか出やすくなってしまいます。

瞬間的にでも目が合うと、
相手の気持ちを引き付けることができます。

口調

説得の話法として、
聞き手が警戒しているときほど早口、
警戒が解けてきたらゆっくりにするというリズムが最も効果的
です。

疑っている人には、考える隙を与えず、
疑っていない人には、納得する時間を与えたほうが良いのです。

質問と同意

質問だけを繰り返されると話して手も質問攻めを受けている印象を持つが、
合意が入っただけで自尊心が満たされてしまう

こうするとさらなる同意が欲しくなり、
もっと話したくなってしまうのです。

あなたがもし喋りすぎているときは、
多くの個人情報が流れる可能性があるので要注意です。

円卓のナプキン理論

円卓セットされたナプキン。
誰かが最初に右手でナプキンを取ると、
それ以降の人も右手でナプキンを使い始めます

いち早く先手を取ると、
場の空気を掴むことができるのです!

ちなみにこれも社会的証明の一つです。

スプラリミナル知覚

意識しながら見聞きした情報は、人に何かしらの影響を与えます

例えば、
朝のニューズでカレーパン特集をしていたら、
なんとなく昼飯にカレーパンを食べてしまう現象などがそうです。

テレビのニュースや新聞の記事など、
視覚、聴覚、触覚から伝わり、
意識した情報は脳を刺激し、
人の行動に影響を与えています。

恐怖管理

人は恐ろしい情報に触れた後、
楽しい情報を与えられると、強い影響を受けます

例えば、
重苦しいニュースの後に流れるコマーシャルは、
視聴者に一種の解放感を与える効果があります。

人は恐怖や不安を感じると、
無意識に安心できて楽しいものを欲します。

つまり、人は怖いものに触れされると、
勧誘されやすい状態になってしまう
のです。

社会的証明

人が根本的に持っている「人と同じことをしたい」という心理

情報をどう受け止めるかについても社会的証明は影響します。

例えば、
あなたが「Aではない」と判断していても、
何回もメディアが繰り返し、「Aである」と発信すると、
あなたは徐々に「Aだったのか」と考えを改めてしまいます。

ウェンテル効果

マイナス方向に社会的証明が働くこと

例えば、
有名なタレントなどが自殺し、
その内容がセンセーショナルに報道されると、
その後、同じ方法での自殺が増加します。

また、潜在的に自殺願望を持つに人が、
いつもよりアクセルを踏み込んだり、
ハンドルを切りすぎて、交通事故率が上がります。

マイナス方向への社会的証明が働かないためにも、
ニュースからは一定の距離を置き、
複数の情報を重ね合わせ、
自分なりに判断する習慣を身に着ける必要があります。

まとめ

今回は、集団についての心理学を紹介してきました。

プレゼンをする場などで、
相手の目を見て、目の合う回数を増やすことにより、
相手を自分に惹きつけるさせ、
ぜひプレゼンを成功させていただきたいです。

恐怖管理で、「恐怖で人を支配する」の意味が少しわかった気がします。

社会的証明は、マイナス方向へ働くとやっかいなことになるので、
自分をしっかりともって、自分で物事を判断するのが大切だと思います。

実際に使ってみて、
ぜひ効果を実感して見てほしいです。

「どんなに知識を手に入れても、
それを行動に移す勇気がなければ、
知識は何も生み出しません」

Daigoさんがこの本で言っていた言葉です。

この本では、より詳しい具体例を用いて紹介してくれているので、
詳しく知りたい方はぜひ本で読んで見てください!

限りなく黒に近いグレーな心理術

コメント

  1. […] 集団編 […]

タイトルとURLをコピーしました