すぐに使える心理学 これで人生勝ち組間違いなし! 男女の関係編 

心理学
スポンサーリンク

こんばんわ、ゆーた(@ycstff23)です!

またすぐに使える心理学を紹介していきます。

今回は、男女の関係編です。

以下、参考書籍になります。

限りなく黒に近いグレーな心理術

 

こんなあなたにおすすめ!
  • 恋愛に悩んでいる人
  • 異性をうまく操りたい人
  • 心理学に興味がある人
  • すぐに心理学を試したい人
  • Daigoさんが好きな人

サクッと読んで頭に入れて実践すると、
人生勝ち組になれる可能性が広がります!

ぜひ最後までご覧下さい。

◆他も気になるあなたへ◆
スポンサーリンク

アイコンタクト

「目は口ほどにものを言う」というように、
脳と直結している唯一の器官である目は、
心の動きにも大きな影響を与えています

話しながら相手の目の動きを見るだけで、
好き嫌いの傾向をよむことも可能になります。

人は一目惚れすると5~7秒目を合わせてしまいます。
裏を返せば、5~7秒間目を合わせることで、
相手に一目惚れと同じ感覚を植え付けることができます。

なぜなら人は感情から行動が生まれたのか、
行動から感情が生まれたのか判別できないためです。

つまり好きな相手とはアイコンタクトを取る回数を増やすと、
相手も好意が生まれてくる可能性が高まるということです!

男性は、「目を合わせている=本当のことを言っている」
と考えがちで、目を合わせているときは嘘をつけません!

ちなみに女性は、目を合わせていても嘘がつけます!

承認欲求

人にとって食欲や睡眠欲と同じくらい基本的な欲求

人に認められたい、褒められたい承認欲求。

ホステスさんはうまくお客さんの承認欲求を満たしてくれていますね。

いわゆる悪女を言われる女性は、
この承認欲求の重要さを理解しています!

アンカリング効果

ある条件に基づく記憶や感情をアンカーとして相手の心を動かすテクニック

代表的なアンカーは、「パブロフの犬」のベルの音です。

犬に餌を与える時、
一定期間ベルの音を鳴らしてから餌をあげると、
犬はベルの音を聞いただけでよだれを垂らすようになります。

アンカーとなる動作は、プラスの感情と連動するもの程効果が高まっていきます。

自己開示の法則

人は自分に対して内面の弱い部分を見せてくれた相手に心を開く傾向があります

その後自己開示の返報性の法則が働き、
自分も相手に心の内側や弱い部分を見せ、親近感が深まる。

ローボール・テクニック

最初に受け入れやすいような好条件の提示を行い、
相手が承諾した後、不利な条件を示すテクニック

決断した本人は自分自身が納得しているため、
相手を非難しにくい特徴があります。

サンクコスト効果

サンクコストとは、すでに支払ってしまって戻ってこない費用、労力、時間のこと。

サンクコストにこだわり、
合理的、論理的な判断を下せない状態を作りだす効果

特に経営者は、
全体的に採算や成功の可能性を見て、
サンクコストを損と判断して、
次の案件に向かった方が良い場合もあります。

サンクコストに固執しすぎないようにしましょう。

感染理論

人は自分に似た人の考え方、生活習慣に影響されます

親友が肥満になった場合、
自分が将来肥満体になる確率は、
171%高まるという研究データもあります。

まとめ

今回は、恋愛ですごく役に立つ心理学を紹介してきました。

アイコンタクトがこんなにも重要だと驚かされました。

実際に使ってみて、
ぜひ効果を実感して見てほしいです。

「どんなに知識を手に入れても、
それを行動に移す勇気がなければ、
知識は何も生み出しません」

Daigoさんがこの本で言っていた言葉です。

この本では、より詳しい具体例を用いて紹介してくれているので、
詳しく知りたい方はぜひ本で読んで見てください!

限りなく黒に近いグレーな心理術

 

コメント

  1. […] 男女の関係編 […]

タイトルとURLをコピーしました