【台風対策】まだ間に合う!8つの台風対策

その他
スポンサーリンク

こんにちは、ゆーた(@ycstff23)です!

非常に強い勢力で日本に向かってきている台風19号。
つい最近、千葉県に壮大な被害をもたらした台風15号よりも大きいらしいです。

本日(2019/10/12)の夕方から夜にかけて日本列島に上陸します。

そこで、今からでもまだ間に合う台風対策を8つ紹介します。

「備えあれば憂いなし」

①浴槽に水を溜める

あって困らない水の確保!

台風の影響で、断水になる可能性もあるので、浴槽に水を溜めておきましょう。

お風呂に入ったり、トイレを流したり、洗い物したりと何にでも使えるので大切です。

衛生上のため、浴槽を洗ってから水を溜めるようにしましょう。

②充電をMAXに

一番困るのが停電!

停電になった時のために、充電できる電子機器は充電しておきましょう。

特に、スマホ、スマホバッテリー、ノートパソコン、タブレットなど

③食料調達

とりあえず水とパンがあれば何とかなります。

特に水分が不足していると、食料不足よりも早く死んでしまうので注意です。

他にも、カップラーメン、レトルトカレーなどあると良いです。

懐中電灯、電池、ライト、ガスコンロ、ろうそくなども欠かせません。

④お金の確保

停電の影響で、コンビニのATMも使えなくなるので、
お金をおろしておきましょう。

念に備えて1週間分くらいおろしておくと安心です。

なんだかんだお金があるだけで安心感が生まれます。

⑤家の外のものは中にしまう

ベランダや外にあるものは、すべて家の中にしまいましょう。
飛んでいってしまいます。

物干し竿や植木のなどです。

最大風速60メートルにもなる暴風になります。

東京都心で50メートル以上の風を観測したことは観測史上ないので、
未知の暴風です。

電柱や木が倒れていたこの前の台風でも、
最大瞬間風速57.5メートルだったので要注意です。

⑥避難場所の調べておく

避難場所をあらかじめ調べて置くことで、もしもの時に慌てず対応できます。

そこまでのルートも頭に入れておきましょう。

シミュレーションが大切です。

⑦カーテンを絶対に閉めておく

これだけの暴風なら窓ガラスが割れる可能性もあるので、
その時のために絶対に閉めておいたほうが安全です。

もし雨戸がある場合はそっちも閉めておきましょう。

⑧窓から離れて寝る

窓から離れていれば、もし窓が割れても安全なので、離れましょう。

念のため、市販のシートを買って補強するのもおすすめです。

*注意*

もし停電したら、すぐにブレーカーのスイッチを切りましょう!

そんままだと通電火災になる恐れがあります!

まとめ

すぐにできる8つを紹介しましたので、
もしも時に備えておきましょう。

台風は危険ですので、注意しましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました